2006年03月23日

「親指さがし」

「親指さがし」



あらすじ

「バラバラ殺人事件」と奇妙な儀式の噂話をもとに、・たち5人が遊び半分で始めた「親指さがし」。が、終わって目を開くと一人の姿がなかった。それから7年後、・は噂の事件が事実だったことを知り…。戦慄のリアル・ホラー。


原作の方は読んだ事が無いんですが・・・この作品はマンガで読んだのです。
絵・当「属・ 切人」先生 です。この先生は「@ベービーメール」のマンガの絵も・当しているみたいですね。

マンガで読んでみたら・・・とってもグロイ!!
怖さはリアル鬼ごっこと同じか、次くらいな怖さなホラーでしょうかね?
この作品は、原作を読んでからまた新たに詳しく書こうと思います。

こんな人にお薦めです♪

今年24歳の人が書く作品だって分からないほど内容は濃厚で、スリリングな展開に何度も襲われ、最近のホラー作品では物足りないって思う方には「リアル鬼ごっこ」がお勧めなのです。


ホラーにはグロイシーンは少しはあった方が怖さが倍増すると思われる方、物から物に感染する恐怖揃ホラーがお好きな人には「@ベービーメール」がお薦めです。


学園揃ホラー、身近な恐怖を体感したい方には「あそこの席」がお薦めなのです。

展開が読める、ホラーとしては結構怖い方に仕分けされるのでは無いでしょうか?と思われる作品「親指さがし」です。


山田悠介作品リスト
posted by まみや at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 山田 悠介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15308582

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。