2006年03月23日

くつしたをかくせ! 完読



乙一先生のはじめての絵本作品でございます。
くつしたをかくせ!と言う題名を見るとうすうす気づかれた方も多いかと思いますが、
クリスマスのプレゼントが関係してくるのです。
とっても不思議なストーリーで、でも少し夢がある作品でした。
posted by まみや at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 乙一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

失はれる物語



★Calling You
学校にも家にも居場所が無くほんの遊びの気持ちで一人携帯を空想する女の子・・・・
そんな空想の携帯にかかってきた一本の電話から始まる切ない物語。

自分も昔は友達が居なかったので、この少女の気持ちが痛いほど分かって共感しながら
読んでました。この少女の寂しい気持ちが、空想の携帯と言う存在でリアルに表現されています。
ほとんど少女がメインで描かれているので、かけてきた相手の事が少し分かりづらい所があるかも
しれないですね〜 後その後につながる女性の事なども(この女性の秘密は最後に描かれてます)

あまり書くと内容を殆ど出さないと書けなくなるので、下の感想達もですね(苦笑
簡単に意味不明に書いていく事にしますので、飛ばしてこの作品自体を読んで
もらえたら嬉しいです(*´ω`*)

★失はれる物語
事故で片腕の感覚しか無くなってしまった一人の男と奥さんの夫婦愛の話です。
印象的なのは、腕の上で奏でられていく奥さんが奏でる音楽の印象を描いた描写です・・・
その文章が奥さんの苦悩を分かり易くしてくれていて、その映像を知ることによって
旦那さんが下す決断・・・・・大切だから、大切だけど・・・・そんな感じの気持ちの
揺れを是非見て欲しいって思います。


★傷
母親に殺されそうになった少年、母親に見捨てられ父親に虐待を受けた少年の心の交流と
傷を自分に移すことが出来る特殊能力が大元になっている作品です。

あまりにも、痛い作品でしょう・・・・でも救いはこの作品の作品が最後の最後で
少年達の友情と助けたいと思う気持ちですかね。
この作品がこの本の中に載っている中で一番見てて相当痛く辛い作品だと思います。


★手を握る泥棒の物語


★しあわせは小猫のかたち


★マリアの指
posted by まみや at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 乙一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GOTH―リストカット事件


★あらすじ
死者の眼球が呼び覚ます悪夢の記憶とは?
事故で記憶と左目を失ってしまった女子高生の「私」。臓器移植で死者の眼球の提供を受けたのだが、その左目がある映像を再生し始めて……。

★感想
乙一さんの本は全部一応読んではいるんですが・・・感想を書いた事無いなーと思って
書いてみることにしました。

自分が初めて乙一先生の作品と知り合ったのは「 GOTH―リストカット事件」なのです。
この作品と知り合った当時って言うのは、自分は「ライトノベルズ」作品を主に読んでいた
時期で、ミステリーって言ったら「横溝先生」「江戸川乱歩先生」等などしか知らず・・・
小難しい感じの印象が大きく嫌煙してた節があったんでです。

そんな自分に友達がこのミステリーは面白いよって貸してくれたのが「GOTH」で、見る前は
「こんな作品面白いのかよ?」って思ってました 正直・・・すいません(゚Д゚;)
でも、第一章を読み始めて直ぐに作品に引き込まれてしまいました・・・・
内容はグロ系の表現方法が多いのですが、そのグロさが文章(作品の)面白さを引き出して
いて、読み進める毎に次が気になって仕方なくなりって感じで すんげー面白いって考えを
覆されましたね。


GOTH―リストカット事件は、一章説毎に犯人が全て変わっていきます。
主人公は、僕って存在の少年と同級生の夜がメインを張っているって言っていいのでしょうかね?
難しい所なんですけどね(苦笑)夜が被害者になったり・・・僕が○○者になったりなどしたり
するので・・il||li _| ̄|○ il||li

この作品の見所は、殺人を犯してしまった人達や執着心する心の描写なのではないでしょうか?
狩られる者と狩る者の2種類の存在がただそこにいただけだったり、心の奥底に眠っていた思いが
抑えられなかったり・・・・紙一重の感情を踏み越えてしまっただけ
自分はそんな風に捕らえてしまったので、とってもシックリ来ちゃったのです・・・・

正直乙一先生の作品を読むと鬱になりますwww
でも、乙一先生の書く作品に出てくる登場人物はリアルであり、精神的ぞ状態が追い込まれ
そうした道しかない登場人物の心情が分かってしまったり、殆どの人が何故?と思ってしまう
ような動機などもあったり それ故に惹かれてしまう人が居るのではないでしょうかね?

むぅ以上自分勝手な意見でした。
 
posted by まみや at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 乙一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。