2005年10月17日

囁く百合



★あらすじ
十年前の事件のトラウマをかかえる早紀。ある日、十年前の事件と全く同じ手口の連続殺人事件が起きる。早紀は不思議な花屋・レンテンローズに足を踏み入れるが、それが早紀の運命の歯車を回し始めることになる……

★感想
太田忠司さんの「レンテンローズシリーズ」第3弾作品

イラストを見ると可愛らしい?系なんですがね、作品自体は推理とダァクさがある作品
この作品の主題名「レンテンローズ」って実際に既存する花の名前で「クリスマスローズ」とも呼ばれる華です♪

題名にも使われていますが、レンテンローズは作品に深く関わってくるのですね。
人の闇をレンテンローズという華に変えていくって趣向はとっても綺麗なものがあって好きなのですが・・・一番の見所は この作品に毎回出演している「サム」君でしょうw
鳥の種類は出ていないんですが・・・どうも瑠璃コンゴウインコでわって思ってるんですがどうなんだろうな?

まぁそれは置いといて、このサムとみゆきの掛け合いが面白いのですねw
数ページのみしか無いんですがね 見たら思わずぷって感じになるかも〜

深く語ると完璧にネタバレになってしまうので、文章力が足りないもんで申し訳無い
興味を持った方はどうぞ、読んでくださいまし


★今読んでる作品
月は幽咽のデバイス 森博嗣さん
posted by まみや at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 太田 忠司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。