2006年01月17日

ねじまき鳥クロニクル 第3部鳥刺し男編



★あらすじ
僕は少しずつ核心に近づいている。猫は戻る、笠原メイは遠い場所から手紙を書き続ける、間宮中尉はもうひとつの秘密を打ち明ける。ねじまき鳥に導かれた謎の迷宮への旅。
猫は戻り、涸れた井戸に水が溢れ、綿谷昇との対決が迫る。壮烈な終焉を迎える完結編。

★感想
ねじまき鳥クロニクル完結致しました。
ねじまき鳥=岡部と久美子の終焉へと向かう為の物語かと思っていたのですが・・・
逆に主人公たちの物語が、印象が薄かったなーと・・・他の登場人物達 間宮中尉、シナモン、ナツメグ、笠原メイ、加納クレタ達の物語がメインだったのでは?って思ってしまうほど内容が濃かったです 他の登場人物のストーリーが。


第2部から登場していた、暗い部屋に潜む女性=電話の女性の居た世界って久美子の精神世界であり、208号室を叩くノックの音は不思議な力をもった綿谷ノボルの精神を現しているものだったのですね・・・・最初から最後まで、内面に問題であり 現実世界での戦いらしきものを実行したのは笠原メイと間宮中尉だけだったのですねぇ
それ以外の登場人物達の戦い?はきっと精神世界の戦いと分けてもいいような気がします。

さて、意味不明な文章を書きまくっていますね(汗
んー自分この作品は一体何を奥底に隠し持っているのか全然解読できないままでした_| ̄|○
何かがあるような気もするけど、掴んだって思った瞬間にスルッと自分の手をすり抜けてしまうような そんな感覚が無くも無いのですね・・・・
一回では、やはりこの作品を自分が理解は出来ないみたいです(*´・ω・`*)
また。少し経ってからもう一度先入観を無くして読み返してみたいです♪
posted by まみや at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 村上春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

ねじまき鳥クロニクル 第2部予言する鳥編



★あらすじ
猫が消えたことは、始まりに過ぎなかった。謎の女はその奇妙な暗い部屋から、僕に向かって電話をかけつづける。「私の名前を見つけてちょうだい」。そして僕が不思議な井戸の底で見いだしたものは…。

★感想
やっと、少しづつ内容が把握出来てくるのが第2部からではないでしょうかね?
ですが・・・またしても一気に謎な出来事が出てきたり等などが、多く発生し解明されるのも多々多くなってきているのでしょうか?

この第2部では、加納クレタと笹原メイの話はこの第2部で完結していきます、でも主人公の岡部事ねじまき鳥の謎の一覧は解明よりも謎が深まっていくのみですけどね(苦笑
んー感想を書こうとしても・・・・未だに解明されていない作品達の数が多すぎて未だにシックリこないのが現状でして(汗
自分なりの感想を書けるのは、一回この作品を読み終わった時になるのではないでしょうか?って思うのですね〜 読み終わっても納得出来るような感想が書けるのか 自分にも今一判らないところはありますけど・・・・

この本に登場してくるキャラクター達の一人一人が解明しようとしているのは・・・・本当の自分だったり、自分の中のモヤモヤした感情だったりで、とっても共感と読み手自身が悩まされるような作品だって思います。
この作品に出会った時に、読み手がどう受け取るかによってこの作品は表情を変えていってしまうのではないんでしょうかね?
この作品を読み終わった瞬間に、自分が最後に思う気持ちってのはどんな気持ちなんでしょうかね? 出会えたことに感謝するのか・・・もしくは読まなきゃ良かったと思うのか・・・
まぁきっと前者になるとは思いますけどねwwww

では、また明日にでも第3部の感想をアップしようと思います。
それまで、暫しお待ちください<(_ _)>
posted by まみや at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 村上春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ねじまき鳥クロニクル 第一部泥棒とかささぎ編



★あらすじ
ねじまき鳥が世界のねじを巻くことをやめたとき、平和な郊外住宅地は、底知れぬ闇の奥へと静かに傾斜を始める…。駅前のクリーニング店から意識の井戸の底まで、ねじのありかを求めて探索の年代記は開始される。

★感想
始めて、村上春樹先生の作品に目を通しました。
文章の中に出てくる一部の残酷な表現、性的表現をリアルに描いているにも関わらず何処か幻想的な、リアルな表現なのにリアルな表現として捉える事が出来ない・・・んー捉えられないって言うか・・・・自分の中に物語が入ってくる前にワンクッション置いて、ストンと自分の中に変換されて入ってくるって印象がありました。

内容はまだ第一章なので、掴みきれてない所が多々あるんですけど この作品を最後まで見ても自分は掴みきれるのかな?ってちょっと考えちゃいますね。
読みにくい作品では、無いんですけどね・・・ストーリーとして奇抜な所があってこの作品世界に入り込むのに時間がかかるって感じですかね〜

多分この作品は2回3回と読み直してやっと内容が「なるほど!!」って思える作品かもしれないっすね♪
まぁちょっと笑ったのは、自分のHNここでは京って名乗っていますが本HNはまみやって名乗ってるんですね〜 このねじまき鳥クロニクルに登場する人物も間宮(まみや)って人が居るんですわwww
これは知り合いに教えてもらったんですが・・・・読んでみて「マジで居た!!」って笑ってしまいましたww

posted by まみや at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 村上春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

θは遊んでくれたよ



★感想
Gシリーズ突入!!
本当は「Φは壊れたね」が第一作目なのですが・・・図書館に無かったので
たまたまあった「θは遊んでくれたよ」を先に読むことにしました。

第一印象は・・・同窓会ですか?って思いましたね〜 S&Mシリーズの出演者&Vシリーズの関係者がちらほらと登場してたもので(苦笑
他のシリーズとちょっと違ってたのは、文章が2段じゃなく1段だった事と犯人が特定されず推理として指摘されそのまま終わってしまうって所でしょうか。

でも、毎度ながらの謎かけを残したままのストーリ終了は気持ちいいほどそのまま残っていましたw 今回の謎と言うか・・・解明されなかったのは、シータは何なのか!ってことです。
考えても分らないんでしょうねきっと、どうもこのシータなる物を作ったのは多分四季博士じゃ無いのかなって思うのですよね。 もしくは、その関係者の誰か・・・娘とかね♪

事件の動機はあっけなく ありがちなものだったのですが、終焉に向かうまでの謎かけと
解明できない謎 さてこの謎を最後に解いてくれる人が居るのか、もしくは謎のままなのか
読みてが、解明出来るのかGシリーズ読むのがとっても楽しみで仕方ないですね♪ 
posted by まみや at 05:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 森博嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

鋼の錬金術師 1.2巻



★感想
この漫画結構色々言われてる作品なのですが・・・全然素直に面白かったですが
って思ったんですが(汗
内容もしっかりしてるし、絵は人それぞれ好みがありますからねそこは致し方ないですが
だけど、内容は結構「うる」ってくる所もありで、一部分だけを見たら 確かに女の子受け
するんだろうなーって思う部分もありますけども(滝汗

全体で見たら人を思う気持ちとかとっても素敵な作品なのですわ
偏見を持ってる方は その偏見を棄てて一度何も考えずに読んでほしいなーって思いました。 
posted by まみや at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 荒川弘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今夜はパラシュート博物館へ




★どちらかが魔女
この作品はミステリィとして見るととっても簡単なお話ですが・・・
内容的にはとってもほのぼのした感じがして、いい感じでした。

この作品で語られる不思議な物語?は、話を見たら直ぐに「簡単すぎるね」って
感じのものでしたね〜 自分でさえもそっこー分かった位ですから(苦笑
出演者は「睦子おば様」「萌絵嬢」「犀川先生」「喜多先生」「諏訪野」で。
不思議な話を提供してくれるのは「大御坊」「木原さん」ですね。
このゲストの関係が分かってしまったら、このミステリィは簡単に解決できるでしょうw

★双頭の鷲の旗の下に
喜多先生と犀川の母校で起こった謎の事件?
登場するのはイニシャル「S」「H」「F」の人物・・・このイニシャルから
「おっ?」って思った方は。森さんのトリックに既に捕まった人ですねww

多分この作品は、どの登場人物が誰なのか?って方がメインのミステリィなのでは?
って思わされました(汗 疑って読まないと森さんの手中で踊らされる事になるでしょう♪

★ぶるぶる人形にうってつけの夜・・・あらすじ
「N大学医学部に在籍する小鳥遊練無(たかなしねりな)は、構内で出会った風変わりなお嬢様に誘われて「ぶるぶる人形を追跡する会」に参加した。大学に出没する踊る紙人形を観察し、謎を解こうというのだが……。」

この作品時間軸が湾曲されてるんでしょうか?とっても謎です・・・・
何故かそれはVシリーズとS&Mシリーズをお読みの方には分かってもらえると
思います。読んでない方は「ん?」って思うでしょうけど、ここで語ったら
読む面白さが無くなっちゃうと思うんで自分で見てください<(_ _)>

★ゲームの国
題名の通りにゲームがキーとなる作品です。
ミステリィと言うよりも、駄洒落をミステリィ風に描かれている作品みたいですね(苦笑 

★私の崖はこの夏のアウトライン
この作品は、読み終わるまで騙されつづける作品です。
一人の少年と男の二人の会話でストーリーが進んでいくのですが・・・
途中で、この少年はまさか?そう思わされる部分があったと思ったら
最後の最後でどんでん返しされまくり・・・・って感じでした。

印象的には「暗黒童話(乙一先生)」の作品と少し雰囲気が似てるかも
って思いました。メインが目って所が

★卒業文集
まんまでした。一人一人の卒業文集が描かれている作品で、担任の
真知子先生への思いが描かれているのですが、この作品も最後まで読まないと
この文集を描いた子供達を知ることが出来ないように描かれています。

是非この作品は、1回読み子供達の事を知った上でもう一度読み返して
欲しい一作です。

★恋之坂ナイトグライド
これは、意味不明ですw
最初から最後まで意味がわからないままでした 自分(苦笑
でも、この作品に登場している男女の距離感はとってもリアルな所が
あって 確かにそんなもんだよね〜って思って読んでました。

★素敵な模型屋さん
一人の少年のとっても素敵なお話です。

大好きな模型達を作りたいと思っても模型屋さんが傍に無い
買いに行っても子供だから危ないそんな理由で買わせてもらえない
宿題で一人で作っても親に手伝ってもらったと思われ・・・

その少年が家の地下で見た白い扉の先にあったものとは・・・
そんな感じの作品でした♪
posted by まみや at 07:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 森博嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

失はれる物語



★Calling You
学校にも家にも居場所が無くほんの遊びの気持ちで一人携帯を空想する女の子・・・・
そんな空想の携帯にかかってきた一本の電話から始まる切ない物語。

自分も昔は友達が居なかったので、この少女の気持ちが痛いほど分かって共感しながら
読んでました。この少女の寂しい気持ちが、空想の携帯と言う存在でリアルに表現されています。
ほとんど少女がメインで描かれているので、かけてきた相手の事が少し分かりづらい所があるかも
しれないですね〜 後その後につながる女性の事なども(この女性の秘密は最後に描かれてます)

あまり書くと内容を殆ど出さないと書けなくなるので、下の感想達もですね(苦笑
簡単に意味不明に書いていく事にしますので、飛ばしてこの作品自体を読んで
もらえたら嬉しいです(*´ω`*)

★失はれる物語
事故で片腕の感覚しか無くなってしまった一人の男と奥さんの夫婦愛の話です。
印象的なのは、腕の上で奏でられていく奥さんが奏でる音楽の印象を描いた描写です・・・
その文章が奥さんの苦悩を分かり易くしてくれていて、その映像を知ることによって
旦那さんが下す決断・・・・・大切だから、大切だけど・・・・そんな感じの気持ちの
揺れを是非見て欲しいって思います。


★傷
母親に殺されそうになった少年、母親に見捨てられ父親に虐待を受けた少年の心の交流と
傷を自分に移すことが出来る特殊能力が大元になっている作品です。

あまりにも、痛い作品でしょう・・・・でも救いはこの作品の作品が最後の最後で
少年達の友情と助けたいと思う気持ちですかね。
この作品がこの本の中に載っている中で一番見てて相当痛く辛い作品だと思います。


★手を握る泥棒の物語


★しあわせは小猫のかたち


★マリアの指
posted by まみや at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 乙一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GOTH―リストカット事件


★あらすじ
死者の眼球が呼び覚ます悪夢の記憶とは?
事故で記憶と左目を失ってしまった女子高生の「私」。臓器移植で死者の眼球の提供を受けたのだが、その左目がある映像を再生し始めて……。

★感想
乙一さんの本は全部一応読んではいるんですが・・・感想を書いた事無いなーと思って
書いてみることにしました。

自分が初めて乙一先生の作品と知り合ったのは「 GOTH―リストカット事件」なのです。
この作品と知り合った当時って言うのは、自分は「ライトノベルズ」作品を主に読んでいた
時期で、ミステリーって言ったら「横溝先生」「江戸川乱歩先生」等などしか知らず・・・
小難しい感じの印象が大きく嫌煙してた節があったんでです。

そんな自分に友達がこのミステリーは面白いよって貸してくれたのが「GOTH」で、見る前は
「こんな作品面白いのかよ?」って思ってました 正直・・・すいません(゚Д゚;)
でも、第一章を読み始めて直ぐに作品に引き込まれてしまいました・・・・
内容はグロ系の表現方法が多いのですが、そのグロさが文章(作品の)面白さを引き出して
いて、読み進める毎に次が気になって仕方なくなりって感じで すんげー面白いって考えを
覆されましたね。


GOTH―リストカット事件は、一章説毎に犯人が全て変わっていきます。
主人公は、僕って存在の少年と同級生の夜がメインを張っているって言っていいのでしょうかね?
難しい所なんですけどね(苦笑)夜が被害者になったり・・・僕が○○者になったりなどしたり
するので・・il||li _| ̄|○ il||li

この作品の見所は、殺人を犯してしまった人達や執着心する心の描写なのではないでしょうか?
狩られる者と狩る者の2種類の存在がただそこにいただけだったり、心の奥底に眠っていた思いが
抑えられなかったり・・・・紙一重の感情を踏み越えてしまっただけ
自分はそんな風に捕らえてしまったので、とってもシックリ来ちゃったのです・・・・

正直乙一先生の作品を読むと鬱になりますwww
でも、乙一先生の書く作品に出てくる登場人物はリアルであり、精神的ぞ状態が追い込まれ
そうした道しかない登場人物の心情が分かってしまったり、殆どの人が何故?と思ってしまう
ような動機などもあったり それ故に惹かれてしまう人が居るのではないでしょうかね?

むぅ以上自分勝手な意見でした。
 
posted by まみや at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 乙一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

tactics (7)



★感想
何故に急に第7巻?って思われるでしょうが・・・・実は一年前から見てた作品で
最近本を買う事になって6巻までは読んでたから7巻を買ってみたのですwww

1〜6巻の感想はおいおい 自分が読んだら書く事にします(*´ω`*)
7巻の感想を書いても、話がわからないと思うんで大雑把に作品自体の感想を
書いていくとします♪

tacticsって作品は、主人公の勘太郎と鬼喰い天狗の春華と狐のヨーコちゃんの
3人とその他味わい深いキャラ達から繰り広げられる作品なのでございますね。
妖怪大好き主人公の勘太郎が幼い頃から捜し求めている鬼喰い天狗と知り合うってのが
第1話で語られていきますが・・・・ヨーコちゃんとの出会いは第一巻では語られていない
っす・・・・ってか未だに語られていないような気が・・・・記憶がうろ覚えですいません(汗

この作品が凄いなーって思う所は、きちんと色々な事を調べ上げた上で作られているって
ところですね。
作品で出てくる妖怪達の事や祝詞など等が結構詳しく載っているので勉強になります!!
東山和美先生のこ作品は見たこと無いんですが・・・・木下さくら先生の作品は好きで良く
見てたんですが・・・・・・自分流に少しは変えられているのですが大元の設定はそのままで
書かれているので 読んでて説得力があるんですよね。

だから、面白く素直に読める所やギャグ的要素も多々アリなので詠みやすいと思います♪
でも・・・・・・・絵は正直好き好きありますからねー難しいですね(汗
二人の漫画家さんによる合作なので、こっちのキャラは好きだけど このキャラは嫌いなど
とかもあるけど・・・・妖怪君達はめっちゃ可愛いです(*´д`*)ハァハァハァアハァ(すいません
自分の趣味ですw)

この作品を見て気に入ったって人は、tacticsのドラマCDやビデオも出てるのでレンタルするなり
買ってみて見るのもいいかもです〜

posted by まみや at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 木下さくら・東山和美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

魍魎の匣 再読



★あらすじ
箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物――箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物(つきもの)は落とせるのか!?

★感想
図書館が約一週間お休みって事で借りて通称弁当箱と言われる京極先生の作品を
読み直してみました。

読み直して思ったのは、この作品に登場するストーリは短編集の様に1個1個作り上げられていて
全部を読み進める事で、一つの作品として終結を迎えるストーリなのですね。
始めてみた時は、そいう風な感じの印象よりも登場人物のキャラ達の心のう中の凄さにそちらに
目が向いていってしまう。

それもまた面白なって思ったんですが、少し離れて全体を見ながら読んでみると・・・
この作品の面白さが更に味わえるのではないでしょうか?

例えば「久保竣公」幼い頃の母親からの虐待 父親からの育児放棄 身体的障害 母親の死
等など色々な経験を受けてある事件を起こしてしまうが、そこに行き着くまでの彼の心情が
京極堂による御筥様の憑き物をした時に回想?的表現で描かれています。
本当は関係が無いのでしょうが、それを見た時に久保が箱に見入られ 隙間を嫌ったのは
満たされかった両親からの愛情を変わりに満たしてくれる物だったのではないのかって思ったん
ですね。

そう思ったのは「ー何故僕を満たしてくれない。−」(一部分のみ抜いてます)って台詞を
見たからでしょうね・・・・ただ、満たされる事を望み、箱の中の少女に憧れ 欲しいと思った
のではないんでしょうかねーって自分的に勝手に思ったりとかねw

一回目はストーリをそのまま受け入れて、2回目は自分なりの解釈などをしてみたりなど
結構楽しく読める方法かもです。

posted by まみや at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 京極夏彦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。